AdBlue続報!私が定価で買えた優良販売業者

AdBlueは変わらず在庫切れ・・・。

 

前回書いたAdBlueの記事が大変多くの方の目に留まった様です。

 

大手通販サイトでは未だに品不足から価格が高騰していますね。

 

Amazon

 

楽天

 

モノタロウ

 

モノタロウにいたっては検索結果にAdBlue自体が出なくなりましたよ・・・。

 

まったく在庫が復活する予定がないんでしょうか。

 

実際に購入出来た販売業者様 (株)ライフエナジー

 

そこで今回は私が実際に定価でAdBlueを購入出来た販売会社を紹介します。

 

某タイヤマン
某タイヤマン

紹介料とかはまったく貰ってませんよ(笑)

 

 

鹿児島の販売業者様ですね。

水関係を専門に取り扱っている会社の様です。

 

私の場合はバックインボックス(BIB)20Lを購入しました。

要は段ボールにAdBlueの袋とノズルが入っている、よくあるタイプです。

 

私は5箱購入させて頂きました。

クリーンディーゼルのバスや、重機乗りのお客様が必要とされていたので大変助かりました。

 

送料と消費税が別に掛かりましたが、それでも一般的な定価での購入。

 

最小ロットやサイズによる価格の違いなどがあると思いますし、販売してくださったこの会社も在庫は少ないと仰ってましたので、まずは問い合わせてみて下さい。

 

恐らくですが個人には販売していないかもしれません。

あと支払い方法は銀行振込のみでした。

 

どんなに高くても薄めたりしてはいけない。

 

このライフエナジー様のAdBlueについての注意で、

水で薄めても大丈夫か?と文面がありますね。

 

調べていると結構聞かれることの様ですが、絶対に薄めてはいけません。

確かに薄めても警告ランプや走行に支障はすぐには出ないでしょう。

 

しかし、AdBlueは尿素と純水の割合が的確に決められた工業用の物ですから、いくら高かったとしても必ずそのまま使いましょう。

 

エンジンやシステムに深刻なダメージを負う可能性もあります。

 

余談ですが、トラックの運ちゃんが小便をAdBlueタンクに入れてたなんて話もあります。

信じられませんよね(-_-;)

 

 

ところで、AdBlueの代わりになるものは何もないのか?

 

尿素水って実はAdBlue以外にもあるんです。

 

AdBlueとはあくまで商品名であり、尿素水自体は他にもあります。

 

絶対にAdBlueを使わなければならない等、決まりはありません。

 

AdBlueと中身は同じ、エコツーライト

 

エコツーライトとはAdBlueと同じで尿素を32.5%、純水を67.5%で混合した尿素水です。

 

AdBlue認証も取得しているので間違いのない商品。

 

エコツーライトの最大のメリットは、中身が同じなのにAdBlueよりも安価だということです。

 

バス会社等でもエコツーライトを使っている所も多く、評判も良い様です。

AdBlueの代用品として人気が高まっています。

 

エコツーライトの代理店は全国にある

 

 

非常に多くの代理店があるようです。

急いでる方など、お近くの代理店に問い合わせてみてください。

 

エコパークというネットショップもあるが・・・。

 

 

自社ネットショップ?もあるようですが、私は購入出来ませんでした。

クリックしても先に進まないんですよね。

カートはずっと0のままでした・・・。

 

 

まとめ

 

AdBlueの品不足は思った以上に長引きそうですね。

 

年末商戦やお歳暮などで、すでに運送業関係には深刻な問題になっていると思います。

 

田舎はAdBlue装置の付いていないディーゼル車も走れますが、東京・大阪は取付が義務化されていたと思いますし、生活に影響が出てくるかもしれません。

 

是非、AdBlueやエコツーライトの販売業者などに問い合わせて見てください。

タイトルとURLをコピーしました