エコタイヤの寿命や交換時期はノーマルタイヤと違うのか?

エコタイヤ(低燃費タイヤ)とは

 

最近はCMでも低燃費タイヤのフレーズをよく耳にします。

低燃費タイヤ(エコタイヤ)とは一体どういった物なのでしょうか。

 

低燃費に寄与する「転がり抵抗」

タイヤは主な材料にゴムを使っていることは皆さんご存じだと思います。

車がタイヤのグリップ(踏ん張る力)を利用して、走る、曲がる、止まるといった基本的な動作が可能なのは、ゴムと路面で起こる摩擦を活かしているからです。

しかし、この摩擦は走行抵抗のひとつである「転がり抵抗」となり、抵抗係数が高くなると燃費は悪化してしまいます。

 

では、「転がり抵抗が低い」方がいいのか?

「転がり抵抗が低い」ということは、より転がりやすいタイヤであるという事です。
転がり抵抗が高いタイヤと比べた場合、同じ量の燃料でもより遠くまで走ることが出来ます。

 

ならば使う燃料が減り、環境にもいい?

低燃費、つまりは燃費を良くする事が出来れば、それだけ自動車が使う燃料の消費量を減らすことができます。

燃料の消費量を減らせるということは、限られた資源と言われる石油の消費量を減らすことにも繋がり、また、燃料を燃やすことで発生するC02(二酸化炭素)の量も削減できます。

低燃費タイヤ(エコタイヤ)は、環境負荷の低減に大きく貢献する存在なのです。

 

一方で、デメリットはあるのか?

基本的に転がり抵抗を減らすということは、タイヤのグリップ力が低下する事を示します。

2つの性能は相反関係にあるからです。しかし、最新の技術を組み込んだ低燃費タイヤ(エコタイヤ)は、その相反する課題を克服するために日夜様々な研究が進んでいます。

  • トレッドパターンの研究
  • ゴム質の追求…など

燃費性能を向上させながら、同時に高いグリップを確保するようにアレンジしています。

 

ドライバーが気を付けるべきポイントは?

ノーマルタイヤでも同じですが、タイヤの性能をキチンと発揮させるには空気圧管理が大事です。

車に乗っていなくても空気圧は下がっていくので、1カ月に1度はチェックして欲しい所。

空気圧が下がると燃費も下がります。

タイヤ本来の性能をフルに発揮し、お財布にも環境も優しい、そして何より安全運転の為にも定期的に点検してください。

 

お財布にも優しいタイヤのオススメは?

 

BRIDGESTONE Ecopia EP150(150EZ) 185/65R14 86H

世界一のタイヤメーカー「ブリヂストン」のエコタイヤ「エコピアEP150」

EP150は新車装着タイヤであり、通常は手に入らないタイヤです。

同等性能で販売されているのはエコピア「NH100」シリーズ。

転がり抵抗性能は「AA」、ウェットグリップ性能は「c」とエコタイヤとしては標準的な性能。

国内、国外の多種多様な車に採用されており、確かな性能が認められています。

顧客満足度も高く、非常にオススメなタイヤです。

 

DUNLOP ENASAVE EC300+ 185/70R14 88S

こちらも世界的なタイヤメーカー「ダンロップ」、「エナセーブEC300+」

福山雅治さんのおかげで「エナセーブ」の人気は非常に高いです。

このEC300+も新車装着タイヤなので、一般的には手に入らないと思います。

価格も安く、人気なので合うサイズがある場合は非常にオススメですよ。

 

まとめ

 

エコタイヤの技術は日本は非常に高く、様々なラインナップがあります。

逆に輸入タイヤだと、エコタイヤもあるにはありますがあまりオススメ出来る物がありません。

エコタイヤの購入はぜひ国産タイヤで検討してみてください!

オートウェイなら国産タイヤも送料無料で安いですよ!

タイトルとURLをコピーしました